家庭ごみ あきる野市の缶・金属、びん類の出し方

家庭ごみ あきる野市の缶・金属、びん類の出し方

 

あきる野市の缶・金属、びん類の出し方について、あきる野市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。

 

あきる野市ホームページの中から、あきる野市の缶・金属、びん類の出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

家庭ごみ紹介記事マーク

あきる野市の缶・金属、びん類の出し方の紹介

あきる野市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ缶・金属、びん類の出し方情報ページ
家庭ごみの缶・金属、びん類を私たちはどのように処理すればよいのでしょうか。私たちの身近な缶・金属、びん類、分別し回収してリサイクルできるものもあります。
家庭ごみの種類・缶・金属、びん類の出し方を紹介します。

 

家庭ごみ あきる野市の缶・金属、びん類の出し方
■あきる野市缶・金属、びん類の出し方主な内容の紹介
●缶・金属、びん類の出し方
バケツやダンボール箱など、容器に入れて出してください。
缶・金属とびん類は分けて、違う容器で出してください。収集後、容器はその場所に置いていきます。
 ※集合住宅で収集所から容器があふれる場合には、中身の見える袋でも結構です。

 

缶・金属
缶・金属として以下のようなものが出せます。
 空き缶、鍋、釜、やかん、フライパン、鉄製バケツ、アイロン、風鈴、のりの缶、茶の缶など

 

【注意事項】
・長さ50センチ、重さ5キロまで。
・缶等の大きさは20リットル缶まで。
・缶類は、中身を出してきれいに洗って出してください。
・金属類は、汚れをできるだけ取ってください。
・金属部分以外の物は、出来るだけ取り除いてください。
・釘、針、包丁等の危険性のある鋭利なものは、容器等に入れて不燃ごみとして出してください。
・針金は、束ねるか鉄製の缶に入れて出してください。

 

びん類
びん類として出せるのは以下のものです。
日本酒、ビール、ウイスキーのびん・ドリンクびん・ジュースびん・牛乳びん・哺乳びん・食用油びん・調味料等のびん・ワンカップ(酒)びんなど

 

【注意事項】
・ひびが入っている物や欠けている物も資源になります。
・栓・キャップを取り除き、栓・キャップは、可燃ごみとして出してください。
 どうしても取り除くことができないびんの口に付いているプラスチック部分やラベルは、そのままでも大丈夫です。
・中身を出して、きれいに洗ってください。
・陶器類、コップ、食器ガラス、耐熱ガラス、板ガラス、鏡、電球のガラスは、不燃ごみとして有料ごみ袋に入れて出してください。
また、蛍光管は、割らないで有害ごみとして出してください。
・ペンキ・シンナー等が入っている缶・びん類は収集できません。使い切って空にするか、販売店にお問合せください。

 

(※あきる野市ホームページのごみ関連ページより紹介させていただきました)

 

 

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 
スポンサード リンク