家庭ごみ 佐野市

佐野市家庭ごみの出し方

佐野市の家庭ごみの出し方について、佐野市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
佐野市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、佐野市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

佐野市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

佐野市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

ゴミ 佐野市のごみの出し方
■佐野市の家庭ごみの分け方・出し方主な内容の紹介
ごみ

  • ごみの分け方・出し方
  • 家庭ごみ収集カレンダー
  • 「ふれあい収集」について
  • ガスボンベの処分について
  • エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分について
  • ごみ袋指定販売店一覧
  • 事業系ごみについて
  • 一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧
  • 一般廃棄物処分業許可業者一覧
  • 処理困難物の処理について
  • ごみについてのQ&A
  • リサイクル

  • 資源ごみ集団回収報奨金について
  • 家庭用生ごみ処理機器購入費補助金について
  • 生ごみ消滅器「キエーロ」について
  • 使用済み小型家電、廃食用油、インクカートリッジの回収
  • 不用になった書籍をリユースしませんか
  • エコキャップ運動について
  • みかもクリーンセンター・リサイクルプラザの利用について
  •  

      ステーションに出せるごみ
    • 燃えるごみ…市販の透明または半透明ポリ袋で出してください。レジ袋や色つきの袋での直接排出はできません
    • 紙箱、雑誌・本類、その他の紙類、チラシの出し方…ひも(ビニール・ナイロン可)で十文字にしばるか、紙袋に入れて出してください。
    • 新聞紙・新聞に入っている折り込みチラシ…ひも(ビニール・ナイロン可)で十文字にしばって出してください。新聞専用の紙袋を使用しても結構です。
    • ダンボール…ひも(ビニール・ナイロン可)で十文字にしばって出してください。
    • 紙パック…ひも(ビニール・ナイロン可)で十文字にしばって出してください。スーパー等で回収しているところもありますので、そちらに出していただいても結構です。
    • 衣類…指定袋で出してください。
    • 白色の食品トレイ…水洗いし、乾かしてから指定袋で出してください。スーパー等で回収しているところもありますので、そちらに出していただいても結構です。
    • ペットボトル…ふた・キャップをはずしてから中を洗い、水分を取ってから指定袋に入れ、出してください。
    • 空きカン…中身を出してから洗い、水分を取ってから指定袋に入れ、出してください。
    • 空きビン…栓・ふた・口金をはずしてから、中を洗い、水分を取ってから指定袋(中または小)に入れて出してください。
    • 燃えないごみ…指定袋(中または小)で出してください。
    • 有害ごみ…指定袋(中または小)で出してください。
      ステーションに出せないごみ
    • 粗大ごみ…家庭から出る粗大ごみ、引越しや大掃除などに伴って一度に多量に出るごみは、ごみステーションには出せません。分解してもステーションには出せません。
    • 市で扱わないもの…処理が困難なもの、危険なものは市では扱いません。

      エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機…左の4品目(家電4品目)については、家電リサイクル法により、リサイクルすることになっています。

    • 家庭系パソコン…家庭系パソコンは資源有効利用促進法によりリサイクルすることになっています。

    ■詳しくは…佐野市ホームページ > くらしの情報(項目) >ごみ・環境・ペット のページをご覧ください。

     

     

    スポンサード リンク

     

     

    小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

     

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

     

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

     

    家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
    燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
    間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

    スポンサード リンク