古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

大田原市家庭ごみの出し方

大田原市の家庭ごみの出し方について、大田原市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
大田原市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、大田原市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

大田原市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

大田原市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

ゴミ 大田原市のごみの出し方
■大田原市の家庭ごみの分け方・出し方主な内容の紹介

資源ごみの出し方

ビン類
中身を出して水ですすいでから出してください。
色分けして「指定のコンテナ」へ寝かせて出してください。
キャップや注ぎ口(中栓)はできるだけ、外してください。ラベルは剥がさないで結構です。
割れたビン(指で安全につまめる程度の大きさ)も色分けしてコンテナへ出してください(袋に入れたり紙で包まないでください)。

 

ガラス類
ガラス製のコップやグラス、耐熱性のあるガラス製品(ほ乳瓶、皿など)
割れたガラスや細かく砕けたビン・ガラスの破片は、新聞紙などで包んで「キケン」と表記してから、ガラス類の指定袋に入れてください。

 

かん類
飲料、缶詰、菓子などの飲食物や、入浴剤などの空き缶
中を水ですすいで、つぶさないで出してください。

 

 

もやせないごみの出し方

鍋、やかん、瀬戸物、傘、鍋焼きうどん容器やガスレンジ周りのアルミ製品など
また、プラスチック製品などで、金属が取り外せないもの。

 

傘は結んだ指定袋からはみ出ていても回収します。
スプレー缶、ガス缶は、穴をあける必要はありません。中身を使い切ってから出してください。中身及びガス抜きは火気のない屋外の風通しのよい場所で行ってください。
ライターは、中身を使い切ってから出してください。
割れた鏡や刃物などは、新聞紙などに包んで、「キケン」と書いて出してください。
小型家電は分解しないでください。
小型家電やおもちゃなどの電池、小型充電式電池は、必ず取り外してください。

 

 

蛍光管の出し方

微量の水銀が含まれるため、蛍光管のみで収集する必要があります。
蛍光管を買った時の箱(筒)に入れて出してください。複数出す場合は、ひもでしばってください。
箱(筒)がない場合や割れた蛍光管は、もやせないごみの指定袋に蛍光管のみを入れて出してください。結んだ指定袋からはみ出ていても回収します。

 

 

水銀体温計の出し方

透明なビニール袋に水銀体温計のみを入れて出してください。
水銀体温計のほか、水銀血圧計や水銀温度計などの水銀製品も一緒に出せます。

 

 

乾電池の出し方

透明なビニール袋に乾電池のみを入れて出してください。
小型充電式電池やボタン電池、コイン電池などは、回収できません。販売店にご相談ください。また、小型充電式電池は、拠点回収も利用できます。

 

 

古紙(段ボール・紙パック・新聞・雑誌類)出し方

段ボール
宅配便などのラベルや金属、粘着テープは取り除き、たたんでください。一枚でも、ひもで十字にしばって出してください。

 

紙パック
牛乳、ジュースなど飲料類、酒類など
紙パック
紙パックの表示があるもの

 

水洗いし、切り開いて、乾かしてからひもで十字にしばって出してください。
注ぎ口などのプラスチックは取り除いてください。
内側に銀色フィルムがついているものは、はがしてください。はがしたフィルムは、もやせるごみで出してください。

 

新聞
新聞や折込チラシ
ひもで十字にしばって(ビニール袋や紙袋に入れないで)出してください。新聞紙と折込チラシは、一緒に束ねて出せます。

 

雑誌類
ティッシュ箱(取り出し口のビニールを取り除いたもの)、菓子箱、靴の箱や薬の箱、画用紙や模造紙、包装紙、名刺、メモ用紙、プリント、封筒(窓部分のフィルムを取り除いたもの)、チラシやダイレクトメールなど(段ボール、紙パック、新聞以外の紙)
小さな紙片は、雑誌にはさむか、紙袋に入れて出してください。
プラスチックや金属、ビニールなど紙以外のものは、取り除いてください。

 

ペットボトル

PETボトル

清涼飲料(コーヒー、お茶など)、果汁飲料、酒類(焼酎、本みりんなど)、牛乳・乳飲料や特定調味料(しょうゆ、めんつゆなど)のペットボトル

キャップとラベルをはずし、中を水ですすいでから出してください。
はずしたキャップとラベルはもやせるごみで出してください。
ペットボトルはつぶさないで出してください。
地区公民館などの回収ボックスに出すこともできます。その際は、袋に入れずに出してください。

 

 

白色トレイ(発泡スチロール製)
鮮魚、精肉、青果などの容器、皿
テープやラップをとり、しっかりと洗って乾かしてから出してください。
着色トレイや模様のついたトレイ、納豆、カップ麺容器など、白色トレイ以外の発泡スチロールはもやせるごみで出してください。

 

(出典元:大田原市家庭ごみの出し方ガイドより)

 

■詳しくは…大田原市ごみ・リサイクル のページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

チェックマーク

 

大田原市で処理できないごみ

大田原市のパソコン、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機処分方法

 

 

不用品の買取

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ