羽生市家庭ごみの出し方

不用品出張買取サービス

お気軽にお問い合わせください!

ゴミ出し

羽生市の家庭ごみの出し方について、羽生市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
羽生市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、羽生市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

スポンサード リンク

 

 

羽生市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

羽生市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

羽生市のごみの出し方

ごみの収集は、「資源ごみ」「燃やしてもよいごみ」「燃やしてはいけないごみ」 「粗大ごみ」「有害ごみ」の5つに分別をして行っています(分別収集) 。



羽生市の家庭ごみごみの出し方

ごみは決められた日時・場所にきちんと分別をして、収集日の当日朝8時30分までに出してください。(ただし、地区のルール等がある場合は、そのルールに従ってください。)燃やしてもよいごみについては、祝日の収集は行っておりません。

資源ごみ(再生利用できるもの)

収集回数…月2回

【各地区集積所にて回収されるもの】
空きかん、空きびん 、ペットボトル(飲食料用)

新聞、雑誌、ダンボール、古着、雑紙
ひも等でしっかり束ねてください。
古着は、汚れたり破れたりしていない着用できる状態のものです。
雨天等の場合はできるだけ次の回収日に出してください。
雑紙で小さな紙は、紙袋などに入れてひもやテープで閉じてください。

燃やしてもよいごみ

収集回数…週3回指定曜日(祝日は収集しません)
透明・半透明のごみ袋に入れて口を閉じて出してください。


燃やしてはいけないごみ

 
収集回数…週1回指定曜日(祝日も収集します)
透明・半透明のごみ袋に入れて口を閉じて出してください。
  • スプレー缶類
    @使い切ってから、A中身が残っていないか確認し、B風通しの良い屋外で市販のガス抜き器を使用して穴を開けてください。
    Cガスを抜いてから別袋で出してください。


  • ライター類
    使い切ってから別袋で出してください。
    ※爆発の危険があります。他のごみと別の袋にしてください。


  • 再生できないガラス

  • せともの

  • ビニール

  • プラスチック

  • 金属類(刃物類は紙等で包んで「刃物」と記入してください)

  • ゴム・皮革類

  • 小型家電など
    エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコンは除く



  • 粗大ごみ

    収集回数…年4回(2・4・7・11月の指定日)

    有害ごみ

    収集回数…週1回(燃やしてはいけないごみの日)
    ・ダンボール箱などに入れ、外側に「有害ごみ」と記入して、燃やしてはいけないごみの収集日に出してください

    拠点回収

    排出可能日…公民館等開館時
  • 小型家電など
    小型家電回収BOXの投入口(15cm×30cm)を通過する家電製品
    (エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコンは除く)

  • 紙パック
    市役所・各公民館・女性センター・市民プラザにある回収箱に切り開いて出してください

  • 廃食用油

  • 乾電池・ボタン電池など(有害ごみ)



  • 羽生市の傘ごみの出し方


    • 傘(木製)は粗大ごみですが、45リットルの袋に入るものは「燃やしてもよいごみ」の収集日に出してください。

    • 傘(木製以外)は粗大ごみですが、45リットルの袋に入るものは「燃やしてはいけないごみ」の収集日に出してください。


    炊飯器の出し方
    「燃やしてはいけないごみ」の収集日に出してください。
    ドライヤーの出し方
    「燃やしてはいけないごみ」の収集日に出してください。
    拠点回収(小型家電)も行います。


    ■詳しくは…羽生市ごみの出し方のページをご覧ください。


    スポンサード リンク





  • 羽生市出張買取方法

  • 羽生市不用品処分方法


  • 小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

     

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

     

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

     

    家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
    燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
    間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

    TOPへ