古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

高石市家庭ごみの出し方

高石市の家庭ごみの出し方について、高石市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
高石市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、高石市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

高石市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

高石市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 高石市のごみの出し方
■高石市のごみの出し方主な内容の紹介
ごみの出し方日程表(一般家庭)
千代田・羽衣・西取石・取石
普通(可燃)ごみ(週2回):水曜日・土曜日
資源ごみ(カン・ビン)・不燃ごみ(月2回):第2・4火曜日
資源ごみ(ペットボトル、プラスチック製容器包装):第2・4・5火曜日

 

高師浜・東羽衣・加茂・綾園
普通(可燃)ごみ(週2回):月曜日・木曜日
資源ごみ(カン・ビン)・不燃ごみ(月2回):第2・4金曜日
資源ごみ(ペットボトル、プラスチック製容器包装):第2・4・5金曜日

 

※ごみの収集は、午前6時からスタートしています。

 

粗大ごみ:電話申込制
高石環境サービスセンターに電話申込のうえ指定日に出してください。

 

フリーダイヤル:0120-13-7008
(通話料無料、携帯電話・PHSからはかかりません)

 

一般回線:072-264-2008  
受付時間は、月曜日〜土曜日の午前9時〜午後1時(祝日も受付)

 

【注意事項】聴覚障害者の方は ファックス:072-264-1790 で受付します。

 

■詳しくは…高石市ごみの出し方のページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

チェックマーク

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

高石市内のリサイクルショップに買取で引き取ってもらう!

不用品の「無料査定」「出張買取」をしてくれるリサイクルショップです。

 

ソファーに限りませんが、リサイクルショップでは家庭で不要になったモノを査定し、引き取ってくれる場合があります。

 

あなたにとって不要な物でも、誰かにとっては必要とされる品だったりします。

 

あるいはお金になるかもしれません。

 

しかし、ほとんどの場合はこちらの希望する金額で査定されることはほとんどありません。ですから過度な期待はしない方が良いと思います。

買取品物例

健康器具

マッサージチェア、フットマッサージ機、酸素カプセル、赤外線治療器、温熱治療器、各種医療機器、エステ用品、美容機器、ルームランナー、エアロバイク etc

 

家電製品

液晶テレビ、パソコン、液晶モニター 、PC周辺機器、携帯電話、スマートフォン、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジ、炊飯器、掃除機、電動工具 etc etc

 

家具(民芸家具・ブランド家具・骨董家具)

屋久杉、北海道、松本民芸家具、アルフレックス、カッシーナ、ハーマンミラー、カリモク、キツツキ、天童木工 etc

 

楽 器

グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトーン、電子ピアノ、エレキギター、フォークギター、アコースティックギター、キーボード、ベース、サックス、ホルン、フルート、ドラム、電子ドラム etc

 

貴金属

金、プラチナ、ダイヤ、時計、バッグ、指輪・ネックレス等のアクセサリー etc

 

その他

着物・浴衣・帯・和装小物など、骨董品・絵画・陶磁器・おもちゃ・フィギュアなどのコレクターズアイテム、倉庫整理品・倒産整理品・在庫品などの一括買取 etc

 

公式サイトはこちら↓

業界最安値水準!不用品回収なら【オールサポート】

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ