大阪市粗大ごみの出し方

大阪市ホームページの中から、粗大ごみやリサイクルのページを探し、大阪市の粗大ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ゴミ出し

 

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

スポンサード リンク

 

粗大ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 

大阪市粗大ごみの出し方の紹介

大阪市粗大ごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

粗大ごみの出し方(電話での申し込み)
 粗大ごみの申し込み・料金などの問い合わせにつきましては、粗大ごみの出し方受付センターへお電話ください。
 なお、事業者から出されるごみは、粗大ごみとして申し込みできません。(事業者の方は「事業所から排出される大型ごみ等の処理について」のページをご覧ください。

 

粗大ごみの出し方受付センター
粗大ごみの出し方受付センターの電話番号
 フリーダイヤル0120-79-0053(通話料金が無料です) 
 携帯電話でのお申込み先06-6377-5750(通話料金が必要です)
  ※電話番号はおかけ間違いのないようにお願いします。

 

受付時間
 午前9時から午後5時
受付日
 月曜日から土曜日(祝日も受付しています。12月29日〜1月3日はお休みです。)
 ※月曜日や、祝日の翌日は申し込みが多く、電話がつながりにくい場合があります。

 

粗大ごみの出し方の対象となるもの
 粗大ごみとして収集するものは、家庭の日常生活から出されるごみで、最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものです。
 また、家庭の引越しや大掃除などで一時的に多量に出されるごみについても、粗大ごみで収集します。
粗大ごみの出し方の対象外となるもの
 資源化可能な古紙・衣類は収集できません。
 ※引越しや大掃除などで一時的に多量に古紙・衣類を出される場合は、再生資源事業者に収集を依頼してください。
 (再生資源事業者については、「家庭から出される古紙・古布を取り扱いできる再生資源事業者一覧」のページをご確認ください。)
 ※まだ使える粗大ごみについては、近所でゆずりあうなど有効利用にご協力をお願いします。

 

■詳しくは…粗大ごみの出し方についてのページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ