羽曳野市 家庭ごみ

羽曳野市家庭ごみの出し方

羽曳野市の家庭ごみの出し方について、羽曳野市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
羽曳野市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、羽曳野市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

羽曳野市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

羽曳野市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 羽曳野市のごみの出し方

■羽曳野市のごみの出し方主な内容の紹介

もえるごみ…(毎週2回)
  • 調理クズ
  • 生ごみ
  • タバコの吸い殻
  • ゴム皮革製品
  • 紙類
  • ビデオテープ
  • ふとん(ひもでくくる)
  • 乾電池
  • プラスチック製品(50センチメートル以内のもの)
  • 袋に入れた植木ごみ(2袋まで)等
  •  

    もえないごみ(2ヶ月に1回偶数月)
  • 家電製品(エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ・パソコンは除く)
  • セトモノ類
  • ガラス(新聞紙等にくるんで)
  • 蛍光灯
  • 自転車
  • ポット
  • ミシン
  • アイロン
  • やかん
  • なべ
  • 食用空き缶
  • 飲料用以外のカン、ビン類
  • 座椅子(骨組みが鉄アルミ等)
  • お茶碗等
  •  

    もえる大きなごみ(2ヶ月に1回奇数月)
  • 木、布、プラスチック製品の大きなもの・タンス
  • 絨毯
  • ホットカーペット
  • 応接セット
  • 椅子
  • ポリタンク
  • クーラーボックス
  • 衣装ケース
  • 50センチメートル以上のプラスチック製品
  • 木製ベッド(スプリングマットは除く)等
  •  

    資源ごみ(毎月1回)
  • 飲料用あきカン、あきビン、食用あきビン
  • スプレーカン(必ず穴をあけたもの)
  • 割れたビン等
  • 注意事項:ビンのフタは必ず取ってください。
    中身を出して水洗いしてください。

     

     

    収集できないもの

    ペンキ、建築廃材、レンガ、ブロック、瓦、洗面台、プロパン、灯油等危険物、ピアノ、金庫、バイク、タイヤ、バッテリー、注射器、薬品、消火器、土砂等これらのものを処分するには、専門の処理業者又は購入元へ依頼してください。

     

    家電リサイクル法に伴い収集できないもの

    エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・テレビ・パソコン
    対処方法

  • 買い換えの場合は新しい商品を購入した家電小売店で引き取ってもらってください。(有料)
  • 廃棄のみの場合は購入元の家電小売店で引き取ってもらってください。(有料)
  • 転入等で購入元の家電小売店が遠方の方、もしくは購入元の家電小売店が移転等で無い場合は市役所環境衛生課にお問い合わせください。(有料)
  •  

    ■詳しくは…羽曳野市ホームページ > ゴミ・リサイクルについてのページをご覧ください。

     

     

    スポンサード リンク

     

    小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

     

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

     

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

     

    家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
    燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
    間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

    スポンサード リンク