大和郡山市家庭ごみの出し方

大和郡山市の家庭ごみの出し方について、大和郡山市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
大和郡山市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、大和郡山市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。

パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

 

チェックマーク

大和郡山市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

大和郡山市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 大和郡山市のごみの出し方
■大和郡山市のごみの出し方主な内容の紹介

ごみの収集・分別

ごみはきちんと分別(可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ、有害ごみ、資源ごみ、ペットボトル)して、収集日の当日朝7時30分までに決められた集積場所へ出してください(前日の夜から出さないでください)。

 

ごみの分け方と出し方のルール

燃えるごみ…週2回収集

  • 台所から出る生ごみ、紙くず、小さなポリ容器、革製品、プラスチック類などの小さな燃えるごみ
  • 市販のビニール袋(できるだけ中身の見える透明なもの)に入れて出してください。
    生ごみは、水分をよく切ってください。
    かさの大きいものは、細かくして、ビニール袋に入れてください。
    食用油は、古紙などにしみこませて、少しずつビニール袋に入れて出してください。

 

 

燃えないごみ…月1回収集

  • 空缶、空きびん、陶磁器類、小さな金属物などの小さな燃えないごみ
  • 市配布の専用袋に入れて出してください。
    缶・びん類は、中を洗い、キャップをとって出してください。
    スプレー缶や小型カセットボンベは、中身を完全に使いきってから、風通しのよい戸外で、穴あけ器などで穴をあけて出してください。
    ガラスの破片や刃物、カミソリなどは紙に包んで危険のないようにして、品物がわかるように表示してください。
    くり返し使えるびん(ビールびん、酒びんなど)は、販売店で引き取ってもらいましょう。

 

 

粗大(大型)ごみ…年3回収集

  • 家具、家電製品(テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機およびパソコンをのぞく)、自転車、50ccまでの単車、ふとん、かさなど
  • 木製家具・家電製品・ふとんなどの「焼却処理物」と、金属製品、自転車などの「金属類」とは整理整とんして分けて置いてください。
    50ccまでの単車、石油ストーブなどは燃料、油類をぬいてください。(石油ストーブなどは、乾電池も抜いておいてください。)
    特定家電品(ブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ、衣類乾燥機・エアコン・冷蔵庫及び冷凍庫・洗濯機)、パソコンは粗大ごみとして出せません。

 

 

有害ごみ…年3回収集

  • 乾電池、蛍光灯、体温計、鏡など
  • 市配布の専用袋に入れて出してください。

 

 

ペットボトル…月1回収集

  • ジュース、お茶等の飲料用、酒、ウイスキー等の酒類用、しょうゆ用のペットボトル
  • 市販のビニール袋(できるだけ中身の見える透明なもの)に入れて出してください。
    中身を洗い、キャップ・ラベルを取って出してください。
    キャップはペットボトルと同時に収集します。ペットボトルとは別の袋に入れて出してください。

 

 

資源ごみ

  • ダンボール、古新聞、古雑誌、古布、牛乳パック
  • 自治会や子ども会などで行っている資源回収へ出してください。
    地域で資源回収活動を行っていない場合は、自治会単位で申込めば月1回回収します。
    引っ越しごみ、庭木や草の刈り込みごみ等、家庭の一時的多量ごみについては、清掃センターへ直接ごみを持ち込むことができます。
    詳しくは「清掃センターへのごみの持込み」をご覧ください。

 

 

お問い合わせ先
清掃センター 電話 0743-53-3463

 

ごみの分別について詳しくは、こちら(「ごみの分別辞典」のページ)もご覧ください。

 

■詳しくは…
大和郡山市ホームページ
> ごみ・リサイクルのページをご覧ください。
(※大和郡山市ホームページの中から、家庭ごみに関するページを紹介しました。)

 

 

スポンサード リンク

 

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ