家庭ごみを私たちはどのように分別して出せばよいのでしょうか。

不用品・ごみ処分でお困りの方


 

パソコン処分でお困りの方

パソコン処分方法の紹介

橿原市家庭ごみの出し方

橿原市の家庭ごみの出し方について、橿原市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
橿原市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、橿原市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

橿原市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

橿原市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 橿原市のごみの出し方
■橿原市のごみの出し方主な内容の紹介

あきカン・あきビンの出し方

収集方法
隔週の水曜日収集

 

収集場所は可燃ごみと同じです。
※黄色いプラスチックの専用ケースに「あきカン」・「あきビン」だけをそのまま入れてください。

 

収集できる主なごみ
あきカン(飲料用、缶詰、スプレーカン、カセットボンベなど)
あきビン(飲料用、食品用、一升瓶など)

 

ビニール袋に入れて出さないでください。
中身を完全に捨て水洗いし、キャップは不燃物・粗大ごみ収集で出してください。
スプレー缶などを出す場合、爆発、火災の原因になりますので、必ず中身を使いきり、出してください。 穴開けは不要です。 (使い切ることが難しく中身が残っているスプレー缶は、リサイクル館へ直接持ち込んでください。)
あきカンでお菓子のカンのような大きいものは不燃物・粗大ごみ収集で出してください。

 

 

新聞・雑誌・ダンボールの出し方

収集方法
月1回収集
収集場所は可燃ごみと同じです。
※新聞・雑誌・ダンボールはそれぞれ別の収集車で収集を行いますので、分けて出してください。
※雨天時も通常通り収集いたします。
※汚れていたり、臭いがついている紙はリサイクルできないので、可燃ごみとして出してください。

 

収集できるごみ
新聞
雑誌類(雑がみも雑誌類としてお出しいただけます。)
ダンボール

 

新聞(折込みチラシを含む)は4つ折りにして十字にひもでしばって出してください。
書籍・教科書・ノートなどは雑誌類と一緒に出してください。
ナイロン袋は使用しないでください。
厚み30センチメートル以内で十字にひもでしばって出してください。
ダンボールはできるだけ小さくして十字にひもでしばって出してください。
資源物の持ち去り防止のために「持ち去り厳禁カード」の貼り付けをお願いします。

 

 

収集できる主な可燃ごみの出し方

市指定のごみ袋(大)に入る大きさの、プラスチック製品、衣類、布、生ごみ、紙くず、草、木製等のごみです。燃えるもので、折りたたんだり丸めたりして、市指定のごみ袋(大)に入れば、可燃ごみとして出していただけます。

 

(出典元:橿原市ごみ・再生資源の分け方と出し方ページより)

 

■詳しくは…橿原市ごみ・再生資源の出し方のページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

チェックマーク

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

TOPへ