家庭ごみを私たちはどのように分別して出せばよいのでしょうか。

不用品・ごみ処分でお困りの方


 

パソコン処分でお困りの方

パソコン処分方法の紹介

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

香芝市家庭ごみの出し方

香芝市の家庭ごみの出し方について、香芝市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
香芝市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、香芝市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

香芝市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

香芝市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 香芝市のごみの出し方
■香芝市のごみの出し方主な内容の紹介
ごみの分け方・出し方
ごみの種類によって処分の仕方が違っていますので、それぞれの方法により処分をお願いします。
燃えるごみ
空きカン・ビン
新聞・雑誌・ダンボール
有害家庭ごみ
ペットボトル
紙パック
白色食品トレイ

 

粗大ごみ・燃えないごみ
 電話リクエスト受付センター(TEL 0745-77-1199)に収集の申込をして下さい。

 

ごみの自己搬入について

大掃除や引越しなどで多量ごみが出たときは個人で焼却場(美濃園)へ持ち込みができます。
ごみを持ち込みされる場合は、まず市役所市民衛生課で自己搬入申請を行ってください。

  • 搬入場所:美濃園(香芝市尼寺615番地)
  • 搬入時間:月曜から金曜日の午後1時30分から午後4時30分(祝日は除く)
  • 料金:100kgまでは無料、100kgを超えると10kg毎に123円(消費税および地方消費税含む)
  • その他:手続きの際は印鑑と搬入車のナンバー(例:奈良・・・あ・・・・)のメモをご持参ください。
  •  

    お問い合わせ
    市民衛生課
    電話: 0745-76-2001(代)
    ファックス: 0745-78-3830

     

    カセットボンベやスプレー缶の安全な出し方

    (1) 燃えるごみの中に缶や燃えないごみを入れないなど、ごみの分別を徹底してください。
    (2) カセットボンベやスプレー缶などのガスは「完全に使い切って空の状態にしてから、必ず穴をあけて」カンの日に出してください。なお穴をあける作業は、火気のない通気性の良い屋外でおこなってください。
    ※穴があいていなかったり、燃えるごみにカセットボンベやスプレー缶などが混入していた場合は収集・受付できません。

     

    カセットボンベが使い切れない場合等
    中身が使い切れない場合等、上記の処理が困難なカセットボンベについては、一般社団法人日本ガス石油機器工業会のホームページを参照いただき、カセットボンベお客様センターや各メーカーへご相談をお願いいたします。

     

    カセットボンベ・カセットこんろに関するお問い合わせ
    一般社団法人日本ガス石油機器工業会のホームページ

     

    使用済小型家電の回収
    香芝市ではごみの減量と再資源化の取り組みとして、使用済小型家電を回収しています。
    携帯電話や携帯ゲーム機等の小型家電には、鉄、銅、レアメタルといった有用な金属が含まれております。これらの有用金属を再資源化するため、ご協力をお願いいたします。

     

    ■詳しくは…香芝市ホームページ >
    暮らしの情報 > ごみ・リサイクルのページをご覧ください。

     

     

    スポンサード リンク

     

    チェックマーク

    不用品を処分する方法不用品回収業者

     

    小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

     

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

     

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

     

    家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
    燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
    間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

    TOPへ