古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

塩尻市家庭ごみの出し方

塩尻市の家庭ごみの出し方について、塩尻市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
塩尻市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、塩尻市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ごみ出しイラスト

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

塩尻市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

塩尻市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

資源ゴミ 塩尻市のごみの出し方
■資源ゴミ 塩尻市のゴミ・リサイクルページの主な内容紹介
一般家庭ごみの分け方・出し方

 

資源物の出し方
  • プラスチック製容器包装

    週1回
    物を包むために使われているプラスチック
    プラマークの付いているもの
    例)菓子袋類、カップ・パック類、ボトル類、発砲スチロール類など

     

    指定袋に入れて出してください。

  •  

     

  • 紙類・ペットボトル

    月2回
    新聞紙・広告・チラシ、本・雑誌、ダンボール、紙パック、その他紙、ペットボトル
    紙類は種類ごと紐で縛ってください。
    ペットボトルは専用ボックスに入れてください。

  •  

     

  • 缶類・衣類(綿製品)

    月1回
    アルミ缶、スチール缶、衣服・布缶類は専用ボックスに入れてください。スプレー缶は使い切って出してください。
    衣類・布類は透明な袋に入れて出してください。まだ着れる衣類に関しては「エコ・ニコ古着拠点回収」をぜひ活用してください。

  •  

  • びん類

    月1回
    無色びん、茶色びん、緑色びん、黒色びん、その他びん
    色ごとの専用ボックスに分けて入れてください。

  •  

  • その他金属

    年6回
    その他金属類、小型家電類
    細かい物(かみそり・ピン・針等)は透明な袋で出してください。

  •  

  • せん定木・落ち葉

    月1〜2回(5月〜12月)
    せん定木、落ち葉・刈った草
    せん定木は長さ1メートル、直径40センチメートル以内で縛ってください。
    落ち葉・草は透明な袋に入れて出してください。砂利や土など異物が混入したものはもえるごみとなります。

  •  

  • てんぷら油

    年3回
    植物性てんぷら油
    専用ポリタンクに入れてください。収集場所は地区ごとの指定場所になります。

 

 

可燃物(もえるごみ)の出し方

週2回
生ごみ、プラスチック類・革類・ゴム類・アルミホイル等
○【生ごみ処理機器購入費補助制度】
○【紙おむつを使う世帯への指定袋の支給】
指定袋に入れて出してください。袋の口は縛って出してください。生ごみはしっかり水気を切ってください。布団・毛布・木製品・板類も袋に入れることができれば出すことができます。

 

 

不燃物(うめたてごみ)の出し方

年6回
茶碗・皿類、ガラス類、植木鉢、電球、アルミガード等
指定袋に入れて出してください。

 

 

有害ごみの出し方

年3回
乾電池、水銀温度計・水銀体温計、蛍光灯透明な袋に入れて出してください。できるだけ蛍光灯は購入時の空き箱に入れてください。

 

 

指定袋について

「もえるごみ」「うめたてごみ」「プラスチック容器包装」は指定袋を使ってごみを出してください。
指定袋には、必ず記名してください。

 

■詳しくは…塩尻市ごみの出し方のページをご覧ください。

 

スポンサード リンク

 

チェックマーク

 

不用品の買取


不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ