古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

舞鶴市家庭ごみの出し方

舞鶴市の家庭ごみの出し方について、舞鶴市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
舞鶴市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、舞鶴市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

舞鶴市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

舞鶴市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

ごみ 舞鶴市のごみの出し方
■舞鶴市のごみの出し方主な内容の紹介

    可燃ごみの出し方
  • 収集回数は週2回です。

     

    指定のごみ袋をお使いください。スーパー、コンビニ等で販売しています。
    朝8時までに地域の決められた集積所へ出してください。

  •  

     

    不燃ごみの出し方
  • 収集回数は月1回です。

     

    集積所のコンテナに直接入れてください(収集日の前日にコンテナ等が配布されます)。
    ただし、「プラスチック容器包装類」と「その他埋立ごみ」はコンテナがありません。
    「プラスチック容器包装類」は無色透明な袋で、「その他埋立ごみ」は中身の見える透明・半透明の袋で出してください。

     

    朝8時までに地域の決められた集積所へお出しください。

  •  

     

    紙類(資源ごみ)の出し方
  • 地域の不燃ごみ収集日(月1回)に同じ場所で収集します。

    清掃事務所へ持ち込み。「紙類置き場」へ。
    古紙回収ボックス(市役所・西支所・加佐分室)への持ち込み

     

    縛るひもは、できるだけ紙ひもをお使いください。
    段ボール箱に入れた状態で出さないでください。
    束ねる際にガムテープ類を使用しないでください。

  •  

  • 紙ごみとして出せる物(再生できる紙)

    新聞紙
    広告チラシも一緒に出せます。
    二つ折りまたは四つ折りにして縛ってください。

  •  

  • 段ボール

    テープや金具、配送伝票は取ってください。
    持ち運べる大きさで縛ってください。

  •  

  • その他の紙

    「新聞紙」「段ボール」「再生できない紙」のどれにもあてはまらないもの。
    雑誌、カタログ、包装紙、封筒、シュレッダー紙など。
    細かい紙片は紙袋に入れて出すこともできます。
    (散乱しないように紙ひもで縛ってください)

  •  

  • 再生できない紙

    (可燃ごみとして出してください)
    防水加工がしてあるもの…紙コップ、ビニールコーティングされた紙袋など
    素材が違うもの…銀紙(アルミ)、和紙、ハードカバーの本(再生できない部分を取り除けばその他の紙で排出可)
    窓付き封筒(セロハン部分を除けばその他の紙で排出可)
    紙おむつ
    写真、ノンカーボン紙(領収書)
    感熱紙(レシート、FAX用紙)
    合成紙(手で破れない紙)、油紙
    アイロンプリント紙(イラスト等をアイロンで衣類に貼り付けられる紙)

 

使用済み小型家電は市内6か所でボックス回収(投入口縦15センチ×横30センチ)をしていますのでご利用ください。

 

(出典元:舞鶴市リサイクル・ごみの出し方のページより)

 

■詳しくは…舞鶴市ごみの出し方ページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

 

チェックマーク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ