家庭ごみ 川崎市

川崎市の家庭ごみの出し方

川崎市の家庭ごみの出し方について、川崎市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
川崎市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、川崎市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

川崎市家庭ごみの主な品目の紹介

川崎市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

■川崎市の家庭ごみの出し方主な内容の紹介
ゴミの出し方

  • 普通ごみの収集について

    普通ごみとは…
    「空き缶・ペットボトル、空きびん、使用済み乾電池、ミックスペーパー、プラスチック製容器包装、小物金属、粗大ごみ」以外のごみ

     

    普通ごみの収集は、週2回です。
    ふた付きポリ容器または透明・半透明の袋で、収集当日の朝8時までに出してください。(指定袋はありません)

  •  

  • 生ごみ

    十分に水切りをして出してください。

  •  

  • 小枝・板切れ

    太さ10cm程度、長さ50cm未満にし、小さく束ねて1回3束程度を目安に出してください。

  •  

     

  • 焼きとり等の串

    先を折るなど危なくないようにして出してください。

  •  

     

  • 廃食用油類

    なるべく使い切ってください。
    普通ごみで出す際は布などにしみこませるか、固めて出してください。

  •  

  • プラスチック類(製品)

    最長辺が50cm未満のもの
    ペットボトル・プラスチック製容器包装・粗大ごみを除きます。

  •  

  • 使い捨てライター

    使い捨てライターは使い切ってから出してください。使い捨てライター以外のライターは小物金属として出してください。

  •  

  • 花火・マッチなど

    花火・マッチはすべて水に浸してから出してください。

  •  

  • 紙おむつ

    汚物を取り除いてから出してください。

  •  

  • 衣類

    リサイクルできるものは、資源集団回収などをご利用ください。
    資源集団回収

  •  

  • リサイクルできない紙類

    新聞、雑誌、ダンボール、牛乳パック等は、地域の資源集団回収へ出してください。

  •  

  • 新聞等

    新聞、雑誌、ダンボールは、地域の資源集団回収へ出してください。

     

    古着類でリサイクルできるものについて、資源集団回収など回収場所がお近くにない場合は、生活環境事業所に持ち込むことができます。
    (受入期間)日曜日を除く毎日(1月1日〜1月3日は除く)
    (受入時間)午前9時30分〜午前11時30分 午後1時30分〜午後3時30分

  •  

  • ワレモノの取扱い

    コップ、茶わん、皿、板ガラス、鏡、化粧品のびん、陶器・素焼き類、白熱電球、LEDランプなど

     

    (出し方)厚紙等に包み「ワレモノキケン」などど書いて【普通ごみ】の日に出してください。

     

    (注 意)空きびん収集容器には入れないでください。

  •  

  • 蛍光管

    (出し方)家庭から出る使用済みの蛍光管は、厚紙等に包み「蛍光管」と表示して【普通ごみ】の日に出してください。
    割れた蛍光管は、厚紙等に包み「蛍光管キケン」と表示して【普通ごみ】の日に出してください。

     

    (注 意)蛍光管は生活環境事業所などで【拠点回収】も行っています。

  •  

  • 使い捨てライターの捨て方

    使い捨てライターは「普通ごみ」として収集しています。
    (使い捨てでないものは「小物金属」となります。)

     

    必ずガス等使い切って出すようにしてください。
    もしガスが残っているうちに不要となった場合は必ずガスを抜いてから廃棄してください。

     

    ガスの抜き方は、(社)日本喫煙具協会サイトを参照してください。

  •  

  • 粗大ゴミの収集申込み
  • 収集日

    地域の収集日は「収集日一覧」をご確認ください。

■詳しくは…川崎市ホームページ > ゴミの出し方 のページをご覧ください。

 

スポンサード リンク

 

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 

スポンサード リンク