厚木市 資源ごみ

厚木市の資源ごみの出し方について、厚木市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく資源ゴミの出し方情報を提供されていますのでぜひご活用ください。厚木市ホームページの中から資源ゴミの出し方のページを探し、資源ゴミの出し方がわかるようにしましたのでご利用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

厚木市資源ごみの分け方・出し方

びん類の出し方

水洗いして、透明・半透明の袋に入れて出してください。
生きびん・リターナブルびん(ビールびん・茶色・緑色の一升びん)と、その他のびん(ジュースのびん、調味料のびん、化粧品びん、ウイスキー等の酒類) とで分けて出してください。

 

缶類の出し方の紹介

水洗いして、透明もしくは半透明の袋に入れて出してください。
アルミ缶 (つぶしてください)、スチール缶、のり缶・缶詰・お茶缶など、スプレー缶は使い切り、安全な場所・方法で穴をあけてください。

 

ペットボトルの出し方

対象には「ペット1」マークがあります。
pet
水洗いし、つぶして、透明もしくは半透明の袋に入れて出してください。
ラベルとキャップははずして、プラスチック製容器包装の日に出してください。

 

紙類の出し方

新聞(折込広告含む)、雑誌・本など、段ボール、紙パック(牛乳パックなど)は、それぞれをひもでしばって、出してください。
お菓子の紙容器、テッシュペーパーの外箱(ビニール部分は取り除く)、包装紙、トイレットペーパーラップの芯、その他、はがきや手紙類、たばこの空箱、メモ紙などは、紙袋か透明もしくは半透明の袋に入れて出してください。

 

布類の出し方

衣類、コート類、タオルなどは、洗濯し乾かして、ボタンやファスナーは付けたままで、透明もしくは半透明の袋に入れて出してください。
布類は、基本的に衣類としてリユース(再使用)しますので、汚れのひどいものや破れているものなどは「もえるゴミ」として出してください。
雨の日には出さないでください。

 

プラスチック製容器包装の出し方

対象には「プラ」マークがあります。
プラマーク
固形物が残らない、水滴が垂れない程度まできれいにし、透明もしくは半透明の袋に入れて出してください。袋は二重にしないでください。
商品が入っているもの(容器)や包んであるもの(包装)で、商品を取り出したり、使った後に不要となるプラスチック類。 発泡スチロール製の食品トレー、食品などの袋、コンビニ弁当などの容器、シャンプー・洗剤などのボトル、など。

 

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク