古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

土浦市家庭ごみの出し方

土浦市の家庭ごみの出し方について、土浦市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
土浦市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、土浦市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。
スポンサード リンク

 

 

土浦市家庭ごみの主な品目の紹介

土浦市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

資源ゴミ 土浦市のごみの出し方
■土浦市のごみの出し方主な内容の紹介

燃やせるごみの出し方

土浦地区
出し方
燃やせるごみは赤色の指定ごみ袋に入れ、口をしばって集積場に出してください(旧指定袋は使えません)。

 

木の枝は直径10センチ、長さ50センチ以内であれば指定袋に入れなくても、まとめて両端をしばって出せます。

 

紙おむつは透明・半透明の袋に入れ、「おむつ」と書いて出すことができます。

 

一枚の指定袋に入らないもの、指定袋の口がしばれない大きさのものは粗大ごみです。

 

 

新治地区
出し方
可燃ごみ(燃やせるごみ)は赤色の指定ごみ袋に入れ、口をしばって集積場に出してください(旧指定袋は使えません)。

 

木の枝は直径10センチ、長さ50センチ以内であれば指定袋に入れなくても、まとめて両端をしばって出せます。

 

紙おむつは透明・半透明の袋に入れ、「おむつ」と書いて出すことができます。

 

一枚の指定袋に入らないもの、指定袋の口がしばれない大きさのものは粗大ごみです。

 

 

 

燃やせないごみの出し方

カッターの刃や割れたガラス,瀬戸物などの危険なものは,紙に包んで出しましょう。

 

土浦地区
出し方
燃やせないごみは青色の指定袋に入れ、口をしばって集積場に出してください

 

燃やせないごみで出せる品目についてはごみ分類表をご覧ください。

 

引っ越しなどで大量のごみが出る場合は、清掃センターへの持ち込みも可能です。

 

 

新治地区
出し方
不燃ごみ(燃やせないごみ)は青色の指定袋に入れ、口をしばって集積場に出してください。

 

カンはコンテナで出してください。

 

小型粗大ごみは青色の指定袋に入れて出してください。

 

引っ越しなどで大量のごみが出る場合は、環境クリーンセンターへの持ち込みも可能です。

 

 

 

容器包装プラスチック分別収集

 

容器包装プラスチックを出す際のお願い
プラマークを確認して出してください。
軽くすすぐなどして汚れを落としてから出しましょう。

 

容器包装プラスチックの出し方
土浦地区
収集日…週1回(週初めの燃やせるごみの翌日)
収集場所…燃やせるごみの集積場
時間………朝8時30分まで
使う袋……中身が見えるようなポリエチレン製の袋

 

新治地区
収集日……第2・4土曜日
収集場所…資源の集積場
時間………朝8時00分まで
使う袋……透明の袋(半透明不可)

 

 

容器包装プラスチックを出す際に使用する袋について

 

容器包装プラスチックには指定袋がありません。
土浦地区………中身が見えるような袋(レジ袋、文字・イラストが入っている袋も可)をお使いください。
新治地区………透明な袋(半透明不可)をお使いください。

 

 

ペットボトル
ペットボトルは容器包装プラスチックの対象ではありません。
ペットボトルは単独でリサイクルを行っており、容器包装プラスチックとは別に収集をしています。
資源物のペットボトル(月2回収集)として出してください。

 

■詳しくは…土浦市ごみ・リサイクルのページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ