家庭ごみ 東海村

東海村家庭ごみの出し方

東海村の家庭ごみの出し方について、東海村がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
東海村ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、東海村の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

家庭ごみ紹介記事マーク

東海村家庭ごみの主な品目の紹介

東海村のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

資源ゴミ 東海村のごみの出し方
■東海村のごみの出し方主な内容の紹介
ごみの分別収集について
ごみを分別する際はルールを守り、マナーよく出しましょう。

 

■ごみを出す場所
【一般ごみ集積所】
(燃えるごみ、燃えないごみ、粗大ごみ)
一般ごみ集積所は、各地域の利用者の方々が維持管理しています。
出す場所がわからない場合は、ご近所の方におたずねください。
ご自分の利用するごみ集積所以外には出せませんのでご協力ください。

 

※資源物は一般ごみ集積所には出せませんので、ご注意ください。

 

 

【資源物ステーション】
各自治会により設置された資源物専用のステーションです。
お住まいの地域がどこの自治会に該当するか確認のうえ資源物の搬出をしてください。
(資源物の収集については、各自治会により収集回数が異なります)

 

 

■ごみを出す日
ごみを出す日は「資源物・ごみの出し方日割表」で確認してください。
「資源物・ごみの出し方日割表」をお持ちでない方は、清掃センター、役場総合案内、各コミュニティセンターに用意してあります。

 

 

■ごみを出す時間
必ず収集日の朝8時30分までに出してください。
(資源物は資源物ステーションへ朝7時00分から8時30分までとなっています。)

 

 

■ごみを出す量
1回に排出できる量は50キログラムまでです。
50キログラムを超える多量のごみが出た場合は、直接、東海村清掃センター(燃えないごみ、粗大ごみ、資源物)、ひたちなか・東海クリーンセンター(燃えるごみ)へお持ちください。
※多量のごみが出る場合は、まず東海村清掃センター(TEL 029-282-7289)へお問い合わせください。

 

 

 

 

清掃センターへの直接搬入

燃えるごみは、ひたちなか・東海クリーンセンター(ひたちなか市新光町103-2)へ直接搬入することもできます。
燃えないごみ、粗大ごみ、資源物は分別して、東海村清掃センターへ直接搬入することもできます。

 

【搬入日時】
 ◆ひたちなか・東海クリーンセンター(燃えるごみ)
  月曜日から金曜日:午前8時30分から午後4時30分まで(祝日を含む)
  土曜日:午前8時30分から午前11時30分まで
 ※日曜日及び12月31日から1月3日までの搬入はできません。  

 

 ひたちなか市資源リサイクルセンター
 住所)ひたちなか市大字足崎1177−3
 TEL 029−285−0169

 

 

 ◆東海村清掃センター(燃えないごみ、粗大ごみ、資源物)
  月曜日から金曜日:午前8時30分から正午、午後1時から午後4時30分まで
  (祝日を含む)
  毎月第3日曜日:午前8時30分から正午まで
 ※土曜日、第3日曜日以外の日曜日、12月31日から1月3日までの搬入はできません。

 

 東海村清掃センター
 住所)那珂郡東海村大字村松2083
 TEL 029−282−7289

 

■ごみ集積所に出してはいけないもの
 ・日量50キログラムを超える多量のごみ(草含む)及び営業関係から出るごみ
 ・バッテリー、タイヤ
 ・燃えがら
 ・ブロックや土砂、瓦、コンクリート片等

 

 ・バイク、農機具
 ・消火器、ガスボンベ等(爆発物のすべて)
 ・農薬、劇薬が入っている、または入っていた容器
 ・家電リサイクル法該当品目
  テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、エアコン、洗濯機(乾燥機含む)、冷蔵庫、冷凍庫

 

 ・資源物16種類
 ・パソコン
 ・産業廃棄物等

 

 

【お問い合せ】
 環境政策課 ごみゼロ推進室
 電話番号 029-282-7289
(※東海村ホームページのゴミ関連ページより引用させていただきました)

 

■詳しくは…東海村ホームページ > ごみの分別収集についてのページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク