家庭ごみ 北九州市

北九州市家庭ごみの出し方

北九州市の家庭ごみの出し方について、北九州市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
北九州市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、北九州市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

家庭ごみ紹介記事マーク

北九州市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

北九州市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 北九州市のごみの出し方
北九州市のごみの出し方主な内容の紹介
家庭ごみの出し方
家庭ごみとは、指定袋に入るもので資源化物や粗大ゴミ以外のゴミのことです。(生ゴミ、紙くず、木くず、ガラス、陶器、小型電化製品など)

 

収集日週2回
 月曜日・木曜日または火曜日・金曜日(祝日も収集)
指定袋に入れて、収集日の朝、午前8時30分までに、家庭ごみステーションに出してください。
家庭ごみ、資源化物、粗大ごみの出し方日は「資源とゴミの収集日」を確認。
分別がわからない場合は、「分別早見表」を確認。
紙パック・トレイ、蛍光管、古紙、小物金属をお持ちの際には、「回収ボックス等設置場所」 を確認。

 

北九州市のホームページには家庭ごみの出し方について、下記の項目に分類して詳しく説明されています。
家庭ごみ
分別早見表
資源とごみの収集日
回収ボックス等設置場所
紙のリサイクル
生ごみのリサイクル
使用済み食用油のリサイクル

 

粗大ごみ・引越ごみ
「ごみ分別アプリ」の配信について
「ふれあい収集」の実施について
共同住宅等のごみ置場設置協議について
古着のリサイクル

 

北部九州・古着地域循環推進協議会
平成26年4月1日以降における指定袋等の料金については変更ありません
ボタン電池・小形充電式電池のリサイクル
プラスチック製容器包装のリサイクル
インクカートリッジのリサイクル

 

家電4品目のリサイクル(家電リサイクル法)
ネット・簡易集積容器について
視覚障害のある方へ
資源とごみの分け方・出し方
市が収集しないもの
不用になった家電4品目(以下参照)は、『消費者(排出者)がリサイクル料金を負担すること』、『(以前販売したもの及び買い換えに伴って出る廃家電については)販売店が引き取ること』、『家電メーカーがリサイクルすること』が義務づけられています。

 

紙パック…牛乳など飲料用の紙パック(内側が白いものに限ります)
家庭から出た紙パックは、家庭ごみとして捨てずに、洗って乾かしてから、お近くの回収ボックスへご持参ください。

 

蛍光管…お近くの電器店などにある回収ボックスへ
環型・直型蛍光管(割れた蛍光管、電球、電球型蛍光灯は回収できません】

 

小物金属…主に金属からできている物で、金属の部分が長さ30cm程度までのもの(取っ手等の長さを除く)
なべ、やかん、フライパン・スプーンなど

 

家庭用パソコンのリサイクル

 

おむつ使用者へのごみ袋配布
緑のリサイクル(剪定枝のリサイクル)
小型電子機器のリサイクル
入れ歯のリサイクル

門司区・小倉北区・小倉南区・若松区・八幡東区・八幡西区・戸畑区
■詳しくは…北九州市のホームページ > 家庭ごみの出し方のページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク