家庭ごみを私たちはどのように分別して出せばよいのでしょうか。

不用品・ごみ処分でお困りの方


 

パソコン処分でお困りの方

パソコン処分方法の紹介

福津市家庭ごみの出し方

福津市の家庭ごみの出し方について、福津市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
福津市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、福津市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

福津市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

福津市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 福津市のごみの出し方
■家庭ごみ 福津市のごみの出し方主な内容の紹介

燃やすごみの出し方

指定ごみ袋
燃やすごみ専用袋
必ず福津市指定のごみ袋を指定小売店(スーパーやコンビニなど)で購入し、その指定ごみ袋に入れて出してください。
指定ごみ袋以外で出された場合は回収されません。

 

ごみ袋のサイズや価格等
令和2年7月1日より
家庭用大45L 10枚625円
家庭用中30L 10枚400円
家庭用小20L 10枚230円

 

 

時間・場所
時間
収集開始時間は午前6時30分です。
お住まいの地域によって収集時間が異なりますので、当日の朝早めに出しておいてください。

 

祝日も収集します。ただし、お盆、年末年始については変更があります。また、台風などの悪天により収集が困難な場合は、収集を中止することがあります。

 

場所
自宅前の道路上、集合住宅の場合は敷地内ごみ置き場に出してください。

 

 

ゴミの種類と注意点

ごみの種類

内容物

注意点

台所の生ごみ

・料理くず
・残飯
・貝殻

 

など

十分に水切りして出してください。

紙類

 

・紙くず
・おむつ(汚物は取り除く)

 

 

など

新聞、雑誌、段ボールは、地域の集団回収に出しましょう。

布類

 

・布団
・座布団
・毛布
・じゅうたん
・カーペット
・布切れ
・下着
・靴下
・帽子
・ロープ

 

 

など

ロープなど長いものは、1メートル以下に切ってください。布団、じゅうたん、カーペットなどで指定袋(家庭用大)に入らない大きな物は、分別収集で出せます。

皮革製品

 

・靴
・バッグ
・ベルト

 

 

など

金具は、分別収集で出せます。

 

・ゴム
・ビニール
・プラスチック類

 

 

・長靴
・ビデオテープ・ケース
・CD・ケース
・ホース
・ビニール袋
・おもちゃ
・文具
・ポリタンク・バケツ
・ハンガー(プラスチック)

 

 

など

衣装収納箱、大型ポリ容器などで指定袋(家庭用大)に入らない大きなプラスチック(硬質プラスチック除く)は、分別収集で出せます。

草木類

 

・木片
・除草した草
・庭木のせん定枝

 

 

など

草・せん定枝は、地域分別収集で出せます。

その他

 

・汚れているため分別収集に出せない物(紙パック、食品用トレイ
・ペットボトルなど)
・カイロ(使い捨て)
・乾燥剤
・保冷材
・花火

 

 

など

花火は、水にぬらして発火しないようにして出してください。

 

燃やすゴミの収集曜日と地区割
分別収集
分別収集で判断し難いもの
自己処理(引っ越し・片付けなどの大量ゴミ)
収集できないゴミ(受入できないゴミ)
ゴミ減量補助金 など

 

■詳しくは… 福津市ホームページ > ごみ・リサイクルのページをご覧ください。

 

スポンサード リンク

 

 

チェックマーク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

TOPへ