家庭ごみ 弟子屈町

弟子屈町家庭ごみの出し方

弟子屈町の家庭ごみの出し方について、弟子屈町がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
弟子屈町ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、弟子屈町の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

家庭ごみ紹介記事マーク

弟子屈町家庭ごみの主な品目の紹介

弟子屈町のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 弟子屈町のごみの出し方
■弟子屈町ゴミの出し方主な内容の紹介

 

ごみ・リサイクル
弟子屈町では、リサイクルを中心とした環境にやさしいごみ処理方法で「ごみの減量化」を進めるために「燃えるごみ」「燃えないごみ」「資源化物」「粗大ゴミ」「キケンごみ」の5区分で収集を行っています。

 

家電リサイクル法の対象である家電6品目(テレビ、洗濯機、冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、衣類乾燥機)は、町施設で受け入れすることはできませんので、購入小売店でご相談ください。

 

パソコンは平成15年10月1日からPCリサイクルがスタートし、パソコンメーカーが回収することとなっていますので、ご協力をお願いします。

 

町の指定ごみ袋と巡回収集
ごみの出し方日程とエリアについて

 

■詳しくは…弟子屈町ホームページ > 暮らしの情報 > 生活 > ごみ・リサイクルのページをご覧ください。

 

スポンサー リンク

 

 

 

 

 

町の指定ごみ袋と巡回収集

ごみは「決められた袋」で「決められた日」に「決められた方法」で出しましょう。

 

その日のごみの量、天候、道路状況により収集時間が遅れたり早まったりするため、通常の収集時間より早めに出しておきましょう。(収集後には出さないでください)

 

暴風雨、吹雪などの悪天候などにより収集を続けることが危険と判断した場合は、予告なく収集を中止することがありますので、ご了承願います。

 

収集に使用しているごみ箱は、悪臭の発生、ごみの散乱、または指定以外の袋がないかなど、利用者の責任で定期的に点検や清掃を行い清潔にしましょう。

 

新たにごみの巡回収集を依頼する場合、または新たにごみ箱を設置する場合は、事前にご連絡ください。

 

使用済小型家電のリサイクルについて

平成25年4月に「使用済小型家電等の再資源化の促進に関する法律」が施行され、レアメタルなどの貴重な金属をリサイクルし、ごみの減量と資源の循環を図ることへの努力が義務付けられました。

 

ごみの減量や資源の再生利用促進のため、使用済み小型家電の分別回収を実施し、小型家電の再資源化を図っています。

 

平成25年4月に「使用済小型家電等の再資源化の促進に関する法律」が施行され、レアメタルなどの貴重な金属をリサイクルし、ごみの減量と資源の循環を図ることへの努力が義務付けられました。

 

ごみの減量や資源の再生利用促進のため、使用済み小型家電の分別回収を実施し、小型家電の再資源化を図ってます。

 

分別収集の方法は2通り
(1) ボックス回収
(2)  美留和処理場への自己搬入

 

 

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク