家庭ごみ 足寄町

足寄町家庭ごみの出し方

足寄町の家庭ごみの出し方について、足寄町がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
足寄町ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、足寄町の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

家庭ごみ紹介記事マーク

ゴミを出すときのルール

 ごみを出すときは
●分別を徹底してください。
●ごみを入れた袋は、口先をきちんと縛ってください。
●生ごみ、埋立ごみは指定袋にいれてください。
●簡単に電池がはずせる物は、必ず電池をはずして出してください。
●長さが1m以上又は重さが15kg以上のものは粗大ごみとして出して
 ください。(事前に申込みが必要です。)
●収集日当日の朝、午前8時45分までに出してください。
●自治会などで決めているステーションに出してください。
 (他の地域のステーションには出さないでください。)
●ステーションは自分たちできれいにしましょう。
●事業系のごみは収集しません。
 銀河クリーンセンターに搬入するか収集業者に依頼してください。
●事業系のごみは、すべて有料です。
 (10kg当たり120円の手数料が掛かります。)

 

 

足寄町家庭ごみの主な品目の紹介

足寄町のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 足寄町のごみの出し方
■足寄町ゴミの出し方主な内容の紹介

 

ゴミの分別・収集日

 

ゴミの収集日(テキスト版)
ゴミの収集カレンダー農村部(PDF)
ゴミの収集カレンダー市街地区(PDF)

 

ゴミの分別・出し方

 

ゴミの分別
生ごみ〈指定〜青袋〉
 ●水を良く切って出してください。
 ●生分解性以外の水きりネットは直接生ごみ袋に入れないでください
埋立ごみ〈指定〜赤袋〉
 ●ぬいぐるみ、寝袋、毛布の3点については長さが1m未満で重さが15kg以下の埋立ごみが45?の袋に入
  らない場合に、ごみと袋を一緒にしばって出してください。
粗大ごみ〈ごみ処理券〉要予約
 ●収集は指定された日に予約時に指定した場所での収集となります。

 

 ●テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、パソコンは受け付けません。
 ●同種の物は重さが15kgまでまとめてしばって出しても良いです。
 ●粗大ごみの出し方は「有限会社ダイコウ商産」にご連絡下さい。
  電話25−2390
  ※ファックスでの申込みも可能です、申込書をご利用ください。
  FAX25−6555

 

 

搬入上の注意
搬入されるときは、ごみの種類毎に計量して頂きます。
長さが1m以上又は重さが15kg以上のものを搬入する場合は、ごみ1個につき1枚の処理券が必要です。
駆除した鹿を搬入する場合は、1頭につき2枚の処理券が必要です。
小動物を搬入する場合は、1頭につき1枚の処理券が必要です。
銀河クリーンセンターで処理券は販売していませんので、事前に購入してください。
生ごみ、埋立ごみを直接搬入する場合でも、指定のごみ袋を利用してください。

 

お問い合せ
足寄町役場 住民課 住民室 住民生活担当 TEL 25−2141

 

 

■詳しくは…足寄町ホームページ > ゴミの分別・収集日のページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク