古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

大竹市のごみの出し方

大竹市の家庭ごみの出し方について、大竹市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
大竹市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、大竹市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

大竹市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

大竹市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 大竹市のごみの出し方
■大竹市のごみの出し方主な内容の紹介

 

ごみの持ち込みについて
・一時的に多量に出るごみ(枝葉・引っ越しゴミなど)
事前に環境整備課へ連絡して相談の上、持ち込んでください。
・エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機の粗大ごみについては、購入したお店、買い替えるお店で引き取ってもらってください。 お店が引き取らない場合は、環境整備課へ問い合わせをしてください。
・不要になったパソコンは、直接メーカーに引き取ってもらってください。

 

家庭系の粗大ごみ(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機・パソコンを除く)
各自で環境整備課へ持ち込んでください。(無料)
持ち込み時間は8時30分〜12時、13時〜16時までです。(土曜日・日曜日・祝日は除く)

 

プリンターは粗大ごみです。
インクリボン、トナー等は、外して販売店で引き取ってもらうか、もやさないごみとして出してください。
小型家電拠点回収ボックスも利用できます。

 

●戸別収集では、家電リサイクル法対象品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)についても有料で収集することができます。(1個当たり 2,000円)
ただし、あらかじめ郵便局でリサイクル券を購入する必要があります。
※家電の種類などによって、リサイクル券(リサイクル料)が異なりますので、詳しいことは郵便局にお問い合わせください。

 

粗大ごみの持ち込みできない場合
 環境整備課へ直接または電話で収集の申し込みをしてください。
 自宅で収集(有料:1個につき700円)

 

粗大ごみを自らリサイクルセンターに持ち込むことができない場合、リサイクルセンターの職員が自宅まで収集に来てくれます。
粗大ごみの戸別収集は有料です。

 

●予約の受付は平日のみで、土・日曜日、休日及び年末年始などの閉庁日には行っていません。
●受付電話 52−5224(予約専用)
      52−5101
●受付時間 8:30〜17:00(時間厳守)
 ※昼時間(12:00〜13:00)も,受付を行っています。
●受付の際の確認事項
 ◎ 収集を希望する期日
 ◎ 収集を希望する方の氏名、住所及び電話番号
 ◎ 収集を希望する粗大ごみの内容(大きさをあらかじめ測っておいてください。)
 ◎ 収集車の乗入れの可否

 

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機について
●戸別収集では、家電リサイクル法対象品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)についても有料で収集することができます。(1個当たり 2,000円)
ただし、あらかじめ郵便局でリサイクル券を購入する必要があります。
※家電の種類などによって、リサイクル券(リサイクル料)が異なりますので、詳しいことは郵便局にお問い合わせください。

 

ごみ出し等、わからない場合は、お問い合わせください。
大竹市役所 市民生活部環境整備課
リサイクルセンター
TEL 52−5101

 

■詳しくは…大竹市ごみの出し方カレンダーのページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

 

チェックマーク

不用品を処分する方法

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ