古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

小浜市家庭ごみの出し方

小浜市の家庭ごみの出し方について、小浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
小浜市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、小浜市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ごみ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

小浜市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

小浜市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 小浜市のごみの出し方
■家庭ごみ 小浜市家庭ごみの出し方主な内容の紹介

燃やすごみの出し方

●ごみの内容
生ごみ、紙おむつ、固めたてんぷら油、分別対象外の紙類、分別対象外のプラスチック類で薄くて軽くて小さいもの、木くず類(棒切れ、板くず、割り箸)、布類(古い服、ボロ布)、ラップ類など

 

※注意事項
●生ごみは水をよく切ってから出してください。
●棒や板などは、30cm以内に切ってください。
●新聞・雑誌類は資源回収に出してください。

 

 

その他の紙の出し方

●ごみの内容
紙箱、紙袋、包装紙、紙管、封筒、雑紙など

 

※注意事項
●紙以外で出来ている部分がある場合は取り除いてください。
●汚れたもの、コーティングされたもの、銀紙、感熱紙、カーボン紙等は燃やすごみに出してください。

 

 

アルミ缶の出し方

●ごみの内容
ジュース缶、ビール缶、アルミ製スプレー缶

 

※注意事項
●中身を残さず水洗いをして出してください。
●スプレー缶は、必ず穴を開けてガスを抜いてください。

 

 

スチール缶の出し方

●ごみの内容
ジュース缶、菓子缶、スチール製スプレー缶、缶詰缶、茶筒缶

 

※注意事項
●中身を残さず水洗いをして出してください。
●スプレー缶は、必ず穴を開けてガスを抜いてください。

 

 

ペットボトルの出し方

●ごみの内容
ジュース類、茶、
酒類、しょうゆ、
みりん

 

※注意事項
●中身を残さずキャップ、ラベルをはずして水洗いをして出してください。(キャップ、ラベルはその他プラへ)

 

 

びんの出し方

●ごみの内容
ジュース、清涼飲料水、医薬品ドリンク、ビール、洋酒、酢、しょうゆ、日本酒など

 

※注意事項
●白、茶、その他色の3色に分けて、各々のコンテナに入れてください。
●びんの中をきれいに水洗いし、異物を取り除いてください。
●化粧品(乳白ガラス)、薬用アンプル、耐熱ガラスは埋立てごみに入れてください。
●口金、ふたはその他金物に入れてください。

 

 

埋立ごみの出し方

●ごみの内容
陶器、靴、ゴム、傘、扇風機、分別対象外のプラスチック類、分別対象外のびんなど
※注意事項
●電化製品やおもちゃの乾電池は必ず取り外して「有害ごみ」に出してください。

 

 

有害ごみの出し方

●ごみの内容
蛍光灯、乾電池類、体温計
(水銀、重金属を含むもの)
※注意事項
●「有害ごみ」と表示してある黄色の缶にそのまま出してください。
●電球(蛍光灯タイプ以外のもの)は「埋立ごみ」へ。

 

 

金物の出し方

●ごみの内容
鍋、トタンくず、やかん、鉄くず、一斗缶、材質不明のスプレー缶、鍋焼きうどん等のアルミ製容器、口金、ストーブ、鎌、包丁など
※注意事項
●缶類以外の金物を入れてください。
●スプレー缶は、必ず穴を開けてガスを抜いてください。

 

 

その他プラスチックの出し方

●ごみの内容
ケース類、トレイ類、袋類、カップ類、チューブ類、
ボトル類、ネット類、キャップ類、卵ケースなど
※注意事項
●汚れているものは異物を取り除き、水洗いしてください。
●アルミコーティング(銀色)されているものは燃やすごみに入れてください。

 

 

■詳しくは…小浜市家庭ごみの出し方のページをご覧ください。

 

スポンサード リンク

 

 

チェックマーク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ