古いパソコンとCRTモニター処分方法

CRTモニター廃棄方法と料金

 


不要品処分でお困りの場合は、まずはこちらのページをご覧ください。
見積もりをしてから処分すると安心です。


スポンサード リンク

秋田市家庭ごみの出し方

秋田市の家庭ごみの出し方について、秋田市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
秋田市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、秋田市の家庭ごみの出し方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

ゴミ出し

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

秋田市家庭ごみの主な品目の紹介

秋田市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 秋田市のごみの出し方
■秋田市家庭ごみの出し方主な内容の紹介

資源化物(金属類)の出し方

 

資源化物用指定ごみ袋(透明の袋に緑色の文字)に入れて出してください。
袋のサイズは、20リットル、30リットル、45リットル、70リットル、90リットルがあります。

 

金属素材の割合がおおむね50パーセント以上のものが「金属類」です。
一辺の長さが50センチメートルを超えるものは「粗大ごみ」です。(かさを除く)
石油ストーブ、除湿機は大きさにかかわらず「粗大ごみ」です。

 

 

資源化物(ペットボトル)の出し方

ペットボトル

資源化物用指定ごみ袋(透明の袋に緑色の文字)に入れて出してください。

袋のサイズは、20リットル、30リットル、45リットル、70リットル、90リットルがあります。
ごみは秋田市の分別にしたがって、収集日の午前6時から午前8時までに出してください。
収集日前や収集後は、絶対に出さないでください。

 

注意点
キャップは、はずして「家庭ごみ」へ。
中を軽く水洗いしてください。
取っ手がついている場合は、つけたまま出してください。
シャンプー、洗剤、食用油などの「プラ」マークがついているボトルは「家庭ごみ」へ。
「ペット1(ワン)」マークはついているが、汚れの多いペットボトルは「家庭ごみ」へ。

 

 

資源化物(空きびん)の出し方

袋に入れずに直接緑色の回収箱へ。
注意点
キャップは、はずして「家庭ごみ」へ。
中を軽く水洗いしてください。
はがせるラベルは、はがしてください。
化粧品・塗り薬のびんなど、飲んだり食べたりできないものが入っていたびんや、割れたびんは「家庭ごみ」へ。

 

 

資源化物(ガス・スプレー缶)の出し方

キャップは、はずして「家庭ごみ」へ。
全部使い切ってください。
注意点
袋に入れずに直接緑色の回収箱へ(空きびんと同じ回収箱)
使い切って、穴をあけずに緑色の回収箱へ。
収集回数…月2回

 

 

資源化物(空き缶)の出し方

資源化物用指定ごみ袋(透明の袋に緑色の文字)に入れて出してください。
袋のサイズは、20リットル、30リットル、45リットル、70リットル、90リットルがあります。
注意点
中を軽く水洗いしてください。
飲料用アルミボトル缶のキャップは、「家庭ごみ」に出してください。
ペットボトルとは別にして、指定ごみ袋「資源化物用」に入れて出してください。
缶の中に異物(タバコの吸いがらなど)を入れないでください。
未開封の缶詰など内容物が残っている場合は、必ず中身を取り除いてください。
塗料・有機溶剤用の空き缶は「家庭ごみ」に、その他の飲料・食品缶以外の空き缶は「金属類」に出してください。

 

 

資源化物(使用済み乾電池)の出し方

透明の小袋に入れてから、空き缶の入った「資源化物用指定ごみ袋」(透明の袋に緑色の文字)に入れて出してください。
注意点
コイン電池(CR・BR型)は、「家庭ごみ」で出してください。
ビデオカメラ・コードレス電話・携帯電話・パソコンなどの充電式電池やボタン電池は販売店等の回収協力店へ出してください。
ショートによる発火を防止するため、コイン電池、ボタン電池は、セロハンテープで両極を覆ってください。

 

 

資源化物(古紙)の出し方

古紙の分別は4種類に分かれます。
古紙を出すときは正しく分別し、紙ひもでそれぞれの種類ごとに束ねてください。(ガムテープ、ビニールひもなどでは束ねないでください。)

 

新聞、ちらし
ダンボール(開いて、大きいものはたたんで)
紙パック(水洗いし、切り開いて乾かしてから束ねて)
雑誌、雑がみ(雑誌、カタログ、教科書、菓子箱、包装紙、はがき、封筒、名刺、トイレットペーパーの芯などを一緒に)

 

注意点
古紙を出すときは正しく分別し、紙ひもでそれぞれの種類ごとに束ねてください。(ガムテープ、ビニールひもなどでは束ねないでください)
ちらしは新聞と一緒に束ねてください。(雑誌、雑がみは混ぜない)
ダンボールはダンボールだけで束ねてください。(雑誌、雑がみは混ぜない)
雑がみにビニールやセロハンが付いているときは、しっかりはずしてください。
家庭でシュレッダーにかけた後の紙は「家庭ごみ」です。
ビニールが貼ってある紙はリサイクルできません。(どこか一カ所、端から破ってみると、ビニールコーティングされた紙はビニールがはがれてきます)
(出典元:秋田市ごみの分け方・出し方ページより)

 

■詳しくは…
ごみの分け方・出し方のページをご覧ください。

 

チェックマーク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

スポンサード リンク

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク
TOPへ