家庭ごみ 小金井市

家庭ごみ 小金井市ごみの出し方

 

小金井市の家庭ごみの出し方について、小金井市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
小金井市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、小金井市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

家庭ごみ紹介記事マーク

小金井市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

小金井市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 小金井市ごみの出し方
■家庭ごみ小金井市のページ主な内容の紹介
家庭から出るごみ

スプレー缶の出し方

スプレー缶を出す場合は、必ず使い切って空にし、「スプレー缶・ビン・有害ごみの日」に出すようお願いします。使い切ることが困難な場合には、「中身あり」と貼り紙をして出して下さい。穴は開けなくても出すことが出来ます。

 

有害ごみ(電池、蛍光管、水銀体温計、電球型蛍光管、ライター)の分別

電池・蛍光管・水銀体温計・電球型蛍光管・ライターは、有害ごみです。
有害ごみを出す際は、他のごみ(燃やさないごみやプラスチックごみなど)と混入することのないようご注意ください。

 

有害ごみの出し方
●透明または半透明の袋に、「有害」と書いて出してください。
●蛍光管を束ねるときは、粘着テープを使用しないでください。
●蛍光管は、割れたものでも出すことができます。
●蛍光管と電池は別々の袋に入れてください。
●蛍光管は購入時の箱に入れて出すこともできます。
●おもちゃ類や小型家電(リモコン装置、時計など)で使用されている電池は、必ず取り除いて、有害ごみとして出してください。
※充電式電池・ボタン電池は、市では収集できません。回収を行っている販売店にお持ちください。(リチウムコイン電池は有害ごみとして出せます。)

 

小型充電式電池の種類と出しかた

小型充電式電池とは、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池など、充電して繰り返し使える電池のことで、それぞれの電池にリサイクルマークが付けられています。
小型電池リサイクルマーク
小型充電式電池の出し方
 小型充電式電池は、希少な資源が含まれているため、資源有効利用促進法に基づき、小型充電式電池のメーカー・小型充電式電池を使用した機器のメーカーに回収・再資源化が義務付けられております。
 これらの小型充電式電池は、ご購入したお店またはお近くの『リサイクル協力店』にお持ちください。
 また、ショートの危険がありますので、必ずプラス極・マイナス極の金属端子部にビニールテープなどを貼り、絶縁してからお持ちください。

 

枝木・雑草類・落ち葉の出し方

家庭で剪定した枝木・雑草類・落ち葉を、資源物として無料回収しています。原則、申し込みが必要となりますのでご注意ください。
枝木・雑草類:1束(袋)から回収します。
落ち葉:3袋から回収します。
2袋までの落ち葉は「燃やすごみの日」に出してください(申し込み不要)

 

申込方法(電話またはFAXの場合)
回収日(下表)前日の正午(月曜日の回収地区はその前の金曜日の正午)までに、電話またはFAXで「粗大・枝木受付センター」へお申し込みください。FAXで申し込む場合は、住所・氏名・電話番号・回収日・回収量を明記してください。
【粗大・枝木受付センター】
 月曜から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜・日曜日・年末年始は休み)
 電話:042-387-9829
 FAX:042-387-0444

 

出す際の注意
枝木は、長さ1メートル以内、直径15センチメートル以内で、束の直径30センチメートル程度にして、ひもでしばって出してください。
雑草類・落ち葉は、45リットル以下の透明または半透明の袋を使用し、土や泥は落としてください。
自宅内に保管できる敷地等がある方は、できるだけまとめてから申し込んでください。

 

■項目ごとの詳しい内容を調べるには…東京都ごみの出し方
小金井市ホームページ ごみ・リサイクルのページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 
スポンサード リンク