水戸市燃えるごみの出し方(水戸・常澄地区)

水戸市燃えるごみの出し方(水戸・常澄地区)


平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)について、水戸市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)情報を提供されています。
水戸市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)の紹介

水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)
■水戸市燃えるゴミの出し方(水戸・常澄地区)主な内容の紹介
●水戸・常澄地区…内原地区以外の地域
■燃えるゴミの出し方
燃えるゴミ、品目ごとに分別区分を確認したうえで、袋に入るものは市指定のごみの出し方袋で、入らないものゴミ処理券を貼って、ゴミ集積所に出してください。午前の収集地区は午前8時までに、午後の収集地区は正午12時までに集積所に出してください。
■袋に入る大きさのもの
・袋に入る大きさのものは黄色の指定ごみの出し方袋に入れて出してください。
・無色透明のポリ袋にゴミを入れたものを、さらに指定ごみの出し方袋に入れて出すことはできます。

 

【例】
生ゴミ…よく水気を切ってください。
紙くず…資源とならないもの
プラスチック類

 

・指定外のポリ袋で出したり、指定外のポリ袋にゴミ処理券を貼って出すことはできません。黄色の指定ゴミ袋を使用してください。

 

■袋に入らない大きさでおおむね1メートル×50センチ×50センチ以内のもの
・袋に入らない大きさでおおむね1メートル×50センチ×50センチ以内のものは、1つにつき1枚、ゴミ処理券を見やすい所に貼って出してください。袋に入る大きさのものは必ず指定ごみの出し方袋に入れて出してください。
※1メートル×50センチ×50センチよりも大きいものは、清掃工場に自己搬入するか廃棄物収集運搬業許可業者へ依頼してください。

 

ポリタンク等…見やすいところにゴミ処理券を貼って出してください。
剪定枝…………1メートル以内の長さに切り、直径30センチくらいの束にしてください。1本の太さは5センチまでです。ゴミ処理券をひも部分に貼り付けて出してください。
布団……………1メートル以内におりたたみ、ひもで十文字にしばったうえ、ゴミ処理券をひも部分に貼り付けて出してください。

 

■ごみの出し方袋・ゴミ処理券について
【ごみの出し方袋】大きさ、色、価格(税込み)
10リットル 黄色 100円(10枚1組)
20リットル 黄色 150円(10枚1組)
45リットル 黄色 300円(10枚1組)

 

【ゴミ処理券(シール式)】色、価格(税込み)
黄色 300円(10枚1組)

 

水戸市内の一般小売店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア等でお求めください。

 

 

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク