家庭ごみ 朝倉市

朝倉市家庭ごみの出し方

朝倉市の家庭ごみの出し方について、朝倉市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
朝倉市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、朝倉市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

家庭ごみ紹介記事マーク

朝倉市家庭ごみの出し方主な品目の紹介

朝倉市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ごみ 朝倉市のごみの出し方
■家庭ごみ 朝倉市のごみの出し方主な内容の紹介

燃やせるごみ

◆収集日
月・木曜日収集
甘木地域…甘木・蜷城・美奈宜の杜・高木・馬田(草水は除く)
杷木地域…久喜宮地区・志波地区
朝倉地域…朝倉・宮野地区

 

火・金曜日回収
甘木地域…秋月・安川・立石・三奈木・金川・上秋月・福田・馬田(草水のみ)
杷木地域…松末地区・杷木地区
朝倉地域…大福地区

 

○市の指定袋で、必ず収集日の朝8時30分までに決められたごみステーションに出しましょう。収集時間や収集ルートは、ごみの量や天候、道路事情などで変わることがあります。必ず決められた時間までに出しましょう。

 

○収集日が祝日になる場合でも、通常どおり収集します。ただし、年末年始(12月31日から1月3日)は収集しません。

 

○家庭系の可燃ごみ専用袋は、大(45リットル)、小(27リットル)、ミニ(18リットル)の3種類があり、いずれも1袋20枚入りです。お住まいの近くのスーパーやコンビニなどのお店で購入してください。

 

◆出せるもの

  • 台所のごみ………………料理くず(水切りを十分にする)・貝がらなど
  • 皮・ビニール類…………バッグ・靴・ベルトなど
  • プラスチック製品………洗面器・CD・おもちゃ・ビデオテープなど(容器包装ではないもの)
  • 再資源化できない布……下着類・靴下・綿が入ったもの・ぬいぐるみ・作業服・雑巾など
  • 再資源化できない紙……感熱紙・裏カーボン紙・ノーカーボン紙・写真・油紙など
  • 落ち葉・剪定枝…………袋に入る大きさに切ってから出す。
  •  

    ◆正しい出し方
    不燃ゴミイラスト

  • ごみ袋の中には、ガラスやびん等の不燃物は危険ですので、絶対に入れないで下さい。
  • 台所のごみは、水をよく切って出してください。
  • 台風や雪などの悪天候によりやむなく収集を中止することがあります。次回の収集日に出してください。
  •  

    資源ごみ・燃えないごみ

    ○月1回実施している地域の分別収集に出してください。

     

    古紙・古布類

    ○各学校、地域の子ども会、町内会等が実施している集団回収に出してください。
    ○新聞・雑誌・段ボール・・・ひもで十字に結束してください。
    ○古布類・・・洗濯して、ひもで十字に結束してください。(下着や汚れたものは、燃やせるごみで出してください。)
    ※新聞・雑誌・段ボールは環境課でも無料で引き取っています。

     

    紙パック・白色トレー

    ○スーパーなどの店頭回収協力店でも回収しています。
    紙パックリサイクルマーク
    ○紙パックは中をすすいで、切り開き、乾かして出してください。
    ○トレーはよく洗い乾かして出してください。

     

    ■詳しくは…朝倉市ホームページ > くらしの情報 > 環境・ゴミ・衛生 のページをご覧ください。

     

    スポンサード リンク

     

     

    不用品を処分する方法不用品回収業者

    小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

     

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

     

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

     

    家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
    燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
    間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

    スポンサード リンク