家庭ごみ 笠松町

笠松町家庭ごみの出し方

笠松町の家庭ごみの出し方について、笠松町がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。
笠松町ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、笠松町の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

スポンサード リンク

 

家庭ごみ紹介記事マーク

笠松町家庭ごみの出し方主な品目の紹介

笠松町のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

資源ゴミ 笠松町のごみの出し方
■資源ゴミ 笠松町のゴミ・リサイクルページの主な内容紹介

町が収集するもの

家庭系燃えるごみ
透明または半透明で中の見える袋に「ごみ処理券」を貼り、袋の口はしっかり結んで出してください。なお他の市町村の指定袋は使用しないでください。
※「ごみ処理券」の配布方法などについては、環境経済課までおたずねください。
燃える大型ごみ
金物 ガレキ
カン、ビン、ペットボトル
古紙類など
紙製容器包装
プラスティック製容器包装

 

資源ごみ分別回収の注意点

収集時間…必ず朝7時から8時までの間に出してください。
「資源回収です」ごみを集めているわけではありません。汚れたままでは、出さないでください。
持ち寄った資源ごみは、品目ごとに必ず自分で回収容器に入れてください。

 

資源1

  • プラスチック製容器包装

    汚れているものは水洗いしてください。
    汚れが取れないものは「家庭系燃えるごみ」に出してください。
    トレーなどに貼ってあるラベル(値札など)は、剥がさなくても結構です。
    大きな発砲スチロールは、他のプラスチック製容器包装とは分けてポリ袋に入れて出してください。

  •  

    資源2

  • 古紙

    ひもでしばって出してください。

  •  

  • 古着・古布

    古着は、あくまでも着られる物が対象です。
    古布は、タオル類(タオルケット)、シーツ、ハンカチなどです。
    ポリ袋に入れて出してください。
    ぬれた物はリサイクル(再使用)できません。
    布団など「わた」の入ったものや、汚れのひどいものは出せません。
    破れた衣類、靴下、下着は、30センチ以下に切って「家庭系燃えるごみ」またはそのまま「燃える大型ごみ」へ

  •  

    資源3

  • カン

    「アルミ缶」「スチール缶」「スプレー缶・カセットボンベ」に分別して出してください。
    スプレー缶・カセットボンベは中身を使い切って出してください。穴あけは必要ありません。
    ふたは外して「金物・ガレキ」で出してください。

  •  

  • ビン

    水洗いしてキャップ(ふた)、中栓を外して出してください。
    ラベルは剥がさなくても結構です。

  •  

     

  • ペットボトル

    キャップやラベルは必ず外して「プラスチック製容器包装」で出してください。 
    色付きペットボトルも一緒に出せます。

  •  

  • 紙製容器包装

    「紙」の表示マークが付いているものを、紙製の手提げ袋にいれて出してください。 
    ひもで縛っても可 
    ガムテープなどで止めないでください。

  •  

  • 有害物(乾電池・蛍光灯)

    蛍光管は、割れないようなるべく取替え時に新品が入っていた箱に入れて出してください。 
    割れた蛍光管、白熱電球は「金物・ガレキ」へ

  •  

     

    町が収集しないもの

    次のごみは町では収集しませんので、ごみ集積場所へは絶対に出さないでください。

    • 家電リサイクル法対象家電品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)
    • 引っ越しなどで一時的に多量に出るごみ
    • その他(タイヤ、オートバイ、バッテリー、ガスボンベ、ピアノ、オルガン、ペンキ、農業機械、耐火金庫、畳、瓦、消火器、注射器、廃油、農薬、毒物、劇物など)
    • 事業系ごみ

    ※パソコンは役場2階環境経済課窓口で回収します(開庁時のみ)

     

    ■詳しくは…笠松町ホームページ > 分野一覧 > 資源とゴミのページをご覧ください。

     

    スポンサード リンク

     

    不用品を処分する方法不用品回収業者

    小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

     

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

     

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

     

    家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
    燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
    間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

    スポンサード リンク