段ボール ゴミ 出し方

段ボールゴミの出し方


家庭ごみ紹介記事マーク
平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

 

 

スポンサード リンク


 

段ボールゴミの出し方

段ボールを束ねたイラスト

私たちが商品を購入するとほとんどが、段ボールに詰められて配送されてきます。その段ボールの出し方も私たちの悩みのひとつであります。
段ボールは、軽くて梱包の際には便利ですが、使わなくなった段ボールは、ゴミとして出すまではかさばり置き場所にも困ります。

 

家庭から出される段ボールは、段ボールリサイクルマークがあれば資源ゴミとして出すことが出来ます。

 

家庭から排出される段ボールゴミの出し方は、新聞・雑誌とともに資源回収が行われており、ひもで縛って、各自治体の収集日を確認して段ボールリサイクルに出すようにします。

 

段ボールをリサイクルすることによりゴミではなく、新しい段ボールに生まれ変わります。

段ボールマーク

<段ボールマーク>
段ボール製容器包装リサイクルマーク

 

段ボール製容器包装リサイクルマーク

 

段ボール製容器包装の表示。
段ボールがリサイクル可能であることを示す。
世界共通のシンボルマークです。

スポンサード リンク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。


スポンサード リンク